FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

「観天望気」は天気予報を補完する? 

 観天望気(かんてんぼうき)とは、古来より体験的に伝えられている天気に関することわざのようなものです。太陽や月、雲などの状態や動物の動きなどから、海や山での天候の変化や局地的な気象現象を予見するものです。現在でも海上の天候予測などでは、天気予報を補完するものとして参考にされる場合もあるようです。覚えておくと、登山などで身を守ってくれることがあるかも知れません。主な「観天望気」とその意味をあげてみます。

・「朝雷に川渡りするな」 朝のうちの雷は前線に伴うものが多く、集中豪雨のおそれもある。登山などでは、帰路の河川の増水を考慮することが必要。
・「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」 低気圧が接近中の場合、高気圧が東にあれば朝焼けすると雨になり、高気圧が西から接近中なら夕焼けで晴れになる。実際にはこのとおりにならない場合も多いので要注意。
・「蟻が穴を塞ぐと雨」 動物は環境の変化に敏感で、低気圧が近づくと湿度が上がるため蟻は穴を塞ぎ雨に備える。
・「遠くの音が近くに聞こえると雨」 晴れた日には音が上方に拡散するが、雨模様で雲が立ち込めた日には、水平方向に音がよく伝わる。
・「雷三日」 夏の夕方の雷は、高気圧の中心にいる証拠で、雷が2~3日続く可能性がある。
・「太陽や月が暈(かさ)をかぶると雨」 暈は低気圧の一番前面にできる巻層雲の氷の結晶で屈折されてできるため雨になる。
・「入道雲が出ると天気が続く」 入道雲がでると高気圧の中心にいるため日照りが続き、雷にも注意が必要。
・「星がきらめけば翌日は風」 下層大気が安定していて地上の風が弱く、かつ上層風が強い夜は星がきらめく。翌日、太陽が照って下層大気の安定が崩れれば、地上では強風となる。
・「山に笠雲がかかると雨」 低気圧が接近して湿度が高くなると、山頂の風下側に雲が現れ雨となる。
・「山に鉢巻雲がかかれば晴れ」 鉢巻雲とは笠雲が低い場合をいい、笠雲がかかる場合よりも湿度が低いので、晴れることが多い。

 なお、このような観天望気は数多ありますので、興味のある方は調べてみるとおもしろいかも知れませんね。

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



Category: 気象

Thread: 実用・役に立つ話

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yumenotomopub.blog.fc2.com/tb.php/205-538445f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)