FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

マズローの自己実現の心理学とは? 

 アブラハム・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908~1970)は、アメリカ・ニューヨーク市ブルックリン出身の心理学者。ウィスコンシン大学卒。学生時代はスポーツ選手として活躍。アメリカの心理学会長を務めた。
 マズローは、人間には本来可能性を追求する本性があるとし、無限の可能性を信じて一つひとつ具体化していけばやがて最高の境地に達する、それが「自己実現」を果たすことだとした。これは、フロイト派の精神病理を解明する心理学や人間と動物を区別しない行動主義心理学とは区別され、いわゆる「心理学の第三勢力」と呼ばれており、心の健康を目的とし人間の自己実現を追究する心理学とされる。

 マズローは人間の欲求を分析し、心理学に新しい方向性を与えようとした。これは、マズローの欲求段階説と呼ばれ、人は下位の欲求が満たされると、その上の欲求の充足を目指していくというもの。下から順に、「生理的欲求」「安全の欲求」「帰属の欲求」「自我の欲求」「自己実現の欲求」という順で、この順番に満たされていくことで、最終的に自己実現が達成されるとする。

 いいかえれば、自己実現を達成するには、前提となる基礎的欲求を満たし、自分の才能・能力を十分に発揮し最大限の効果を得るためのプログラムを構築・実践するべき、ということになろう。このように考えると極めて明快で楽天主義的ともいえるが、これまでの心理学が抑うつ現象など病理現象を主な対象としてきたことを考えると、このマズロー説には一種の爽快感さえ覚える。

 なお、マズローの心理学は、企業において従業員の動機づけやマーケティングにも活用されてきたが、基本はあくまでも人間の精神的成長の過程を対象としている。

◆参考 マズローの「欲求五段階」
「生理的欲求」 空気、水、食べ物、睡眠など、人が生きていく上で欠かせない基本的な欲求。
「安全の欲求」 安全・安心な暮らしや暴力などによって生を脅かされないことの欲求。
「帰属の欲求」 会社、家族、国家など、集団へ帰属していたいという欲求。
「自我の欲求」 他人からの賞賛を求める欲求。集団への帰属が前提。この欲求は、“仕事の遂行や達成”と“他人から注目され賞賛されること”の二つの欲求に分かれる。
「自己実現の欲求」 自分の思い描くものになりたいという純粋な欲求。例えば、自分の描きたい絵画に打ち込む芸術家などの創造的欲求など。

FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト



Category: 心理

Thread: 科学・医療・心理

Janre: 学問・文化・芸術

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yumenotomopub.blog.fc2.com/tb.php/201-552fad11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)