01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

『捏造の科学者 STAP細胞事件』(須田桃子著・文藝春秋刊) 

 本書は、STAP細胞報道をリードし続けた毎日新聞科学環境部の須田桃子記者の徹底した取材により、STAP細胞事件の顛末が克明に記録された科学報道の歴史に残る好著。
 世界的注目を浴びセンセーショナルな論文発表の様子から、その直後からネット上で指摘された数々の疑惑によって論文の根拠がしだいに崩壊し、わずか数か月で「世紀の大発見」から「科学史に残るスキャンダル」へと変貌したSTAP細胞事件の真実に迫る。
 STAP細胞問題では昨年末、理化学研究所の調査委員会が、責任著者の小保方晴子氏による図表の新たな捏造を認定し、STAP細胞からできたとされた細胞や組織が実は既存の万能細胞であるES細胞(胚性幹細胞)から作られていたとの調査結果を発表した。さらに、今年2月10日、理化学研究所は、すでに辞職している小保方晴子氏に「懲戒解雇に相当する」との判断を公表している。ここにきてSTAP細胞の存在は完全に否定されることになった。

 今回の事件で感じたことは、科学の拠って立つ基盤とされる実証(再現性)の厳然たる位置づけと、それとは別に科学を空想し夢みることが、あたかも異次元の存在ということだ。実験と努力の積み重ねだけが延々と続く、そんな砂を噛むような作業に生きがいを見出す人間は、そんなに多くはない。失敗の中からでも、何度でもリベンジできる環境が、科学を志す人たちには必要なのではないだろうか。(後段は当ブログ執筆者の感想です。)


目次の紹介

異例づくしの記者会見
疑義浮上
衝撃の撤回呼びかけ
STAP研究の原点
不正認定
小保方氏の反撃
不正確定
存在を揺るがす解析
ついに論文撤回
軽視された過去の指摘
笹井氏の死とCDB「解体」
STAP細胞事件が残したもの

四六判・上製本・384頁・本体価格1600円・2014年12月30日初版発行

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

Category: 書評

tb 0 : cm 0