09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

秋を感じるクラシック曲~サティ『3つのジムノペディ』 

 どこか風変わりで心に残る美しい曲を書いたサティ(エリック・サティErik Alfred Leslie Satie、1866~1925)は、現代においても異色の輝きを放っています。

 サティは近代から現代の西洋音楽に大きな影響を与えた作曲家で、ドビュッシーやラヴェルにも影響を与えたといわれています。彼は、フランス人らしいエスプリとユーモアの精神を存分に発揮し、ピアノ曲『犬のための本当にぶよぶよした前奏曲』『ひからびた胎児』『官僚的なソナチネ』など、ちょっと変わった名前の作品を数多く残しています。また、シャンソンの代表作『ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)』などの名曲もあります。「反ロマン主義、反印象派」の革新的作曲家とされる一方で、「音楽界の変わり者、異端児」などとも称されていますが、彼自身、自分の理想の音楽をひたすら追い求めた結果だったのです。

 サティの作品の中でも、最も有名で日本人にも親しまれているのが、彼がまだパリ音楽院在学中に作曲したピアノ小品『ジムノペディ』(Gymnopédies)です。この曲は、正式には『3つのジムノペディ』といい、3つの短い曲からできています。3/4拍子のゆったりとした穏やかなテンポ、愁いを帯びた知的でエレガントな旋律など、ピアノ独奏による不思議な世界が展開され、思わず引き込まれてしまいます。

 この3曲には次のような標題がついています。

 第1番 ゆっくりと悩める如く
 第2番 ゆっくりと悲しげに
 第3番 ゆっくりと荘厳に

 まさに秋を感じるにふさわしい名曲です。ぜひ、この秋、じっくりと味わってみてはいかがでしょう。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

Category: 音楽・クラシック

Thread: クラシック

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0