08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

祝!2020東京オリンピック開催決定 

2020年東京オリンピック開催決定をこころからお祝いいたします。

 7日(日本時間8日)アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、決選投票の結果2020年の夏季オリンピックの開催都市に東京が選ばれた。東京は2回目の決選投票で60票を獲得した。イスタンブールは36票、棄権1だった。
 投票の結果は、以下の通り。

◆投票1回目
東京42票 イスタンブール26票 マドリード26票 (2位決定投票でイスタンブールが選ばれた。)

◆投票2回目
東京60票 イスタンブール36票

スポンサーサイト

Category: ニュース

Thread: オリンピック

Janre: スポーツ

tb 0 : cm 0   

イチジクの効能 

 イチジクは、アラビア南部原産のクワ科の植物です。古代エジプトの壁画にも描かれており、旧約聖書にも数多く登場する人類が食べる最古の果実の一つです。「創世記」にアダムとイブがイチジクの葉を編んで裸を隠す前垂れに使ったという記述があるのは有名です。  

 イチジクの語源は、ペルシャ語の「アンジール」から漢語の「映日果」となり、日本に入って「イチジク」となったという説や一日に一個熟すということから「一熟」となったという説があり、花がないということから「無花果」と表記されています。

 イチジクは、ヨーロッパからペルシャ、中国へと伝わり、日本へは江戸時代の1630年頃に中国から伝わったとされています。当初は薬用として栽培されていましたが、生産量が増えることにより食用として広まりました。

 主な成分としては、糖分が多く、ビタミンB₁・B₂・C、カルシウム、カリウム、食物繊維も多く含まれます。また、特徴的な成分であるクマリン類のプソラレエンには、血圧を下げる作用があることがわかっています。
 さらにイチジクには多くの酵素類が含まれており、強い消化促進作用や整腸作用があります。また、切断部から出てくる乳液には、ゴム質、ステリン類、タンパク質等が含まれており、イボ取り、魚の目、水虫などの民間療法に使われています。

 主な効能としては、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、消化促進、便秘・下痢の改善、痔の全般、腰痛や神経痛、手足の荒れなど。

FC2 Blog Ranking

Category: 健康

Thread: 食と健康

Janre: ヘルス・ダイエット

tb 0 : cm 0