02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

古楽器リュートの魅力 

 リュートの人気の秘密は、なんといっても繊細で華麗な美しい音色にあります。また、軽量で操作が比較的容易なことや美しい曲が多いこともあり、現在でもリュートファンは、日本を含め世界中にたくさんいます。

 リュートは、中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた復弦の楽器です。当時、イタリア、イギリス、フランス、ドイツなどで盛んだった宮廷音楽では、リュート音楽が大流行だったそうです。貴族たちは楽器職人にリュートなどの高価な楽器を作らせ、専属の奏者に弾かせて晩餐会などを楽しんでいたといい、その様子は絵画などにもたびたび描かれています。リュート音楽では、17世紀までに優れた作曲家や演奏家が数多く誕生しました。

 リュートのかたちが完成したのは16世紀ころで、弦は6コース11弦(最高弦のみ単弦で、他は複弦)が標準となり、指で弾いて演奏されました。それ以前からも宗教曲や世俗的な曲に加わって、一つの声部を単音で演奏したり、即興的に和音を弾いていたとされます。現存する最古の印刷譜は、イタリアで16世紀初頭に出版された「リュート曲集」ですが、その後も多くの出版物が相次ぎ、リュート音楽は全盛期を迎えました。

 16世紀後半になると低音弦が増え、17世紀には10~12コースのリュートが作られて、バロック・リュートと呼ばれ区別されました。さらに、低音弦用の長い棹を取り付けた通奏低音楽器が出現するなど、弦の数が増え大型化するにつれ、演奏するのがしだいに難しくなりました。演奏家の間では、「リュートの奏者は生涯の半分を調弦に費やす」などといわれ、楽器の維持費も嵩んだため、その後台頭したチェンバロによって、リュートは急速にその地位を失い、長い間忘れられた存在になっていました。

 しかし、20世紀になって古楽器についての研究や演奏が頻繁に行われ、リュートは、根強い人気を背景に次第に復興してきました。日本でもクラシックギターブームとともに、1970年代頃から演奏家による活動が盛んになり、楽器製作も行われるようになってきました。最近では、古典的な形式のリュート製作も行われています。

 なお、興味のある方は、「日本リュート協会」にお問合せいただくか、リュートなどの古楽器に関する専門誌「アントレ」(月刊)がありますのでご覧になってはいかがでしょう。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Category: 音楽・クラシック

Thread: クラシック

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

おつきあいのQ&A~手紙編 

 家族や友人に限らず、会社の上司など目上の人に対してもメールで済ませることが多い今日この頃ですが、日常生活のなかで手紙が果たす役割は、依然として大きいものがあります。謝罪文や御礼状はもちろん、愛の告白でさえ、手紙にすると効果は絶大です。今回は、手紙にまつわるよくある疑問です。

Q 時候のあいさつが浮かびません。一般的なものがあったら教えてください。
A 決まり文句を使うより、日頃から自分なりに季節を感じている言葉を使って、相手に気持ちを伝えましょう。
 手紙は、本来、その人自身の声を直に伝えるものです。冒頭には、相手にその人らしいなと感じてもらえる内容を書くと好印象になります。マナーブックなどに載っている時候のあいさつより、自分なりの感性で、相手が見てうれしくなるような季節を伝える言葉がよいでしょう。そのためにも、普段から季節の移り変わりを感じて、自分の心や情緒を豊かにしておきたいものですね。

Q 「謹啓」と「拝啓」、「敬具」と「敬白」はどう違うのですか。また、どのように使い分けたらいいのでしょうか?
A 「謹啓」は「拝啓」よりもていねいな書き出しの言葉で、改まった手紙に用います。一般的には、「拝啓」を使うことが定着していますが、公文書簡や格式の必要な文書以外ではあまり使われず、親しい友達や親戚にはわざわざ拝啓と書く必要はありません。
 なお、「拝啓」の結語は「敬具」「敬白」を使い、女性の場合なら、「ひと筆申し上げます」などと書き出し、結語は「かしこ」「かしく」とします。また、「謹啓」の場合は「謹白」「敬白」「頓首」が結語となります。女性が目上の方に出す場合は「謹んで申し上げます」とし、「あなかしこ」「かしこ」を結語とする決まりです。

Q 目上の方への手紙の場合、「前略」で始めるのは失礼なことなのでしょうか?
A 急を要する場合は、「前略」で始めても失礼ではありません。拝啓などの書き出しの言葉~時候のあいさつ~先方の安否~こちらの様子、ここまでを前文といいます。この前文を省略したものが「前略」ですが、これは急を要する場合の書き出しの言葉なので、相手が目上の人であっても失礼とはなりません。

Q 目上の人に「追伸」を書きたすのは、失礼ですか?
A まず失礼に当たります。書き直す手間を省いている印象を与えてしまいます。正式な手紙でも「追伸」を使う人が多いと思いますが、追伸とは本来、書き忘れてしまったことを書きたすという意味があるので、使うべきではありません。また、繰り返しを避ける結婚式のあいさつ状やお悔やみの手紙などでは、絶対に避けましょう。追伸を使ってもいいのは、親しい間柄でやりとりする軽い手紙の場合です。

FC2 Blog Ranking

Category: おつきあい

Thread: 今日のつぶやき

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

「見えぬものでもあるんだよ」~金子みすゞの想い 

 童謡詩人・金子みすゞ(本名・金子テル)は、明治36年大津郡仙崎村(現在の長門市仙崎)に生まれ、おとなしく、読書好きの優しい子どもであったといいます。そんな彼女が童謡を書き始めたのは、20歳のころからで、積極的に投稿した作品が雑誌に掲載され、大きな反響を呼びました。西条八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と激賞されるほどで、26歳でこの世を去るまでに500編を超える作品を発表しています。

 「見えぬけれどもあるんだよ/見えぬものでもあるんだよ」は、彼女の代表作の一つ『星とたんぽぽ』の一節ですが、昼間の星にたとえて、目には見えないものでもちゃんと存在しているんだと訴えかけています。生活の中で見過ごされがちな小さな事柄やこころの動きに着目し、ものごとの真理や優しさの大切さを示した彼女の詩は、現在では、ほとんどの国語の教科書に掲載されています。軽妙なリズム感のある作風から、音読の教材に活用している学校もあるようです。

 しかし、彼女の生涯は悲しいことの連続でした。彼女は23歳で結婚したものの、文学に全く理解のない横暴な夫から詩作を禁じられ、さまざまな理不尽な仕打ちを受けたあげく、病気に陥り、ついには離婚するという苦難に見舞われたのです。さらに、一旦は彼女が引き取った娘に対し前夫が親権を強く主張したため、彼女は、絶対に娘をわたさないとの信念から、娘を自分の母に託すことを懇願する遺書を遺し、昭和5年3月10日26歳という若さで自ら命を絶ちました。死の前日に写真館で遺影を撮るという、覚悟の服毒自殺だったといいます。

 運命に翻弄された彼女の人生ではありましたが、それと対極をなすかのような、限りない優しさに貫かれた金子みすゞの作品は、どんなときも私たちを励まし、生きることの大切さを語りつづけてくれることでしょう。

FC2 Blog Ranking

Category: 文学

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

伝統のお祝い事いろいろ 

 人の一生のうちには、幾つかの伝統的なお祝い事があります。慣習として行事化したものは通過儀礼(英語でInitiation、rite of passage)とも呼ばれており、日本では、産湯や七五三、結婚の習俗、長寿の祝いなど数多くあります。これらのお祝いには、子どもの健やかな成長と長寿を願う人々の願いが込められています。現在でも、お宮参りや七五三で神社へお参りに行く人もたくさんいます。しかし、一般的にみると、これらお祝い事に対する人々の関心が薄れ、一部を除いて廃れつつあることも事実です。
 そこで、今回は、古来から伝わる日本の伝統的なお祝い事を少しばかり紹介してみることにしました。

[岩田(五月)帯] 妊娠5か月ごろの戌の日に、白木綿又は白綿ネルを7尺5寸3分(七五三に因む)に断ち、端に寿の字を書いて半分に折って半幅帯にし、折り目を下にして下腹に巻く祝いです。これは、腹壁の緊張を助け、胎児を保護し、その位置を安定させるもの。戌の日に巻くのは、犬は安産だとされていることにあやかったものです。
[お七夜] 生後7日目のお祝いで、この日に名前を付けることになっています。
[宮参り] 寺参り、産土(うぶすな)参りとも言います。男児は31日目、女児は33日目に行います。地方によっては、100日目にするところもあります。
[食初め] 生後120日目に初めて米食魚菜を食べさせる内祝いのこと。箸初め、箸揃い、真魚(まな)始めとも言います。
[初誕生] 生後初めての誕生日の内祝い。
[初節句] 生後初めての節句の祝いで、男児は5月5日の端午の節句、女児は3月3日のひな祭りに行います。
[七五三] 男児は3歳・5歳、女児は3歳・7歳のとき、11月15日に行う祝い。
[就学] 満6歳の小学校入学を祝います。
[成人] 満20歳に達した青年男女を一人前の社会人として送り出す祝い。
[還暦] 60年で干支が一巡してもとの暦に還ることからこう呼びます。本卦(ほんけ)返りとか華甲(華の字は十の字6つと一の字からなるので61、甲は甲子の甲)とも言います。
[古稀] 「人生七十古来稀なり」という杜甫のことばから、70歳の祝い。論語の「七十にして心の欲する所に従ひて矩(のり)を踰(こ)えず」から、従心とも言います。
[喜寿] 喜の字の草書は、七七に見えることから、77歳の祝い。喜の字の祝いとも言います。
[傘寿(さんじゅ)] 傘の字が八十と読めるから、80歳の祝い。
[米寿] 米の字が八と十と八からできているので、88歳の祝い。米(よね)の祝いとも言います。
[卒寿] 卒の字の略字は、九と十からできているので、90歳の祝い。
[白寿] 百の字から一を除くと白であることから、99歳の祝い。

 これ以外にもたくさんありますが、その意味を知ることによって、お祝いするこころを感じとることができるかも知れませんね。

FC2 Blog Ranking

Category: 伝統

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

上野を救ったオランダ人医師~アントニウス・ボードウィン 

 いよいよ桜が満開を迎え花見客で混雑する上野公園ですが、幕末の動乱で荒廃した上野の山を緑豊かな公園として残すために尽力した外国人がいたことをご存じですか?彼の名は、アントニウス・フランシスカス・ボードウィン(ボードワンとも。Anthonius Franciscus Bauduin, 1820~1885)といい、西洋医学を伝えるため来日していたオランダ人の医師でした。

 当時、荒れ果てた上野の山を見た新政府は、焼け残った樹木を建材用に伐採する案や不忍の池を埋め立てて水田にする案のほか、東大の医学部の前身である西洋医学所をこの地に移転しようという案などを検討していました。
ボードウィン博士は、新政府の依頼で医学校での講義なども行っていましたが、大学や病院の移転の話が持ち上がると、候補地となっていた上野の山を視察して回りました。その結果、上野のすぐれた自然が失われることを残念に思い、この地を公園として残すことを明治政府に進言したのでした。
 これを受け、大学は本郷の加賀屋敷跡に移ることとなり、上野は日本で初めての西洋式公園として残されることとなりました。こうした彼の功績を偲んで、現在、上野公園にはボードウィン博士の像が建てられています。

 しかし、話はこれで終わりません。ボードウィン博士像は、1973(昭和48)年、上野公園開園100周年記念として造られたものでした。ところがその後、この像のモデルが、実は博士の弟である駐日オランダ領事であることが判ったから大変です。
 当時の胸像は立派なあごひげがあったそうですが、ボードウィン博士自身は、ひげをたくわえてはいなかったのです。この間違いを指摘したのは、オランダ人医師の歴史を調べていた岡山市の医師の方で、子孫の方がボードウィンと思って提供した写真が弟だったことが原因だということです。

 2006(平成18)年になって、30年間もの間ボードウィン博士と信じられてきたその像は、ついに上野公園から撤去されることになりました。とんだ人違いだったわけです。現在では、新たにひげのないほんものの博士像が、弟と交替して上野の森を見守っています。

 なお、撤去された気の毒な弟の像は、補修されてオランダ大使館に寄贈されましたが、先ごろ懐かしい神戸に戻ったということです。

FC2 Blog Ranking

Category: 歴史

Thread: 東京23区

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 0   

変幻自在・ストラヴィンスキー『春の祭典』 

 イーゴリ・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky、1882~1971)が20世紀後半に、ロシア・バレエ団を主宰するディアギレフの委嘱で作曲したバレエ3部作(『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』)は、いずれの初演も極めてセンセーショナルなものでした。特に、『春の祭典』は刺激的で、作品に対する賛否両論の嵐が吹き荒れることになりました。

 この時代のストラヴィンスキーの作風は、原始主義(プリミティヴィズム)と呼ばれています。これはバレエの題材をロシア民謡から採り原始信仰をテーマとしたもので、強烈なリズムと色彩に彩られています。変拍子を巧みに採り入れ時々刻々と変化するリズムと場面展開は、観衆を目もくらむような音楽的な興奮状態に導きました。

 当時、絶大な人気を博していたロシア・バレエ団のスター・ダンサーであるヴァスラフ・ニジンスキーは、ダンサーとしてはもちろん振付師としても稀有の才能を発揮し、『春の祭典』を成功に導いたそうです。

 その後、ストラヴィンスキーはロシア革命を避けてアメリカに定住しますが、新天地では、バッハやヘンデルなどの音楽に霊感を抱くようになり作風が一変します。宗教的な声楽曲を手がけるなど、彼の信奉者たちさえ戸惑わせたることになりました。これは“新古典主義”と呼ばれています。晩年は、新しい12音技法を積極的に採り入れ前衛的な作品も発表しています。

 19世紀後半から20世紀にかけて、大きく変化していく世界に寄り添うように、自ら信じる音楽を変化させていった多彩な才能の持ち主こそ、ストラヴィンスキーに他なりません。
 彼は、作曲家として華麗にスタートしたがゆえに常に注目され、自ら革新的な音楽家として模索と試行錯誤を繰り返した努力の人でもあります。

 ストラヴィンスキーは、20世紀を代表する作曲家の1人として、近現代の芸術に広く影響を及ぼしました。1971年4月6日、ニューヨークにおいて89歳で没。

FC2 Blog Ranking

Category: 音楽・クラシック

Thread: クラシック

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

東京・千鳥ヶ淵の桜は、もうすぐ満開! 

千鳥ヶ淵の桜・遠景2013.3.21千鳥ヶ淵の桜・花びら・2013.3.21千鳥ヶ淵の桜・近景・2013.3.21

 今日(3月21日)現在の千鳥ヶ淵の開花状況です。すでに満開の場所もありますが、平均すると8~9分咲きというところでしょうか?天気予報からすると、東京近辺では土曜日が最も見ごろという感じです。夜桜は、今夜からでもオッケーでしょう。

FC2 Blog Ranking

Category: 自然現象

Thread: 東京23区

Janre: 地域情報

tb 0 : cm 0   

日本で生まれた「うま味」 

うま味の料理

 人間の味覚には、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」の他に「うま味」という、人が“おいしい”と感じる味の基本要素があるといいます。
 日本では古くから料理に昆布だしを使う習慣があり、昆布においしさの元となる成分が含まれていることが、経験的に知られていました。この点に注目した東京帝国大学の池田菊苗教授は、20世紀初頭に昆布に含まれるグルタミン酸が昆布だしの主成分であることを発見し、その味を「うま味」と名づけました。

 「うま味」は、食べものの旨い、まずいとは区別される概念です。「うま味」の成分は、自然に存在する食べものに含まれるアミノ酸にあるとされ、昆布のグルタミン酸、カツオ節のイノシン酸、椎茸のグアニル酸などが代表的なものです。また、トマト、玉ねぎ、チーズ、アスパラガス、肉類、カニ、生ハムなどにも「うま味」成分が入っています。

 うま味の成分を解明した池田菊苗教授は、グルタミン酸を主成分とした調味料(グルタミン酸ナトリウム)の製造特許を取得、「味の素」という名前で商品化され世界的に知られるようになりました。1985年には、第一回「うま味国際シンポジウム」が開催され、「うま味」(英語表記=UMAMI)という用語が国際的に使用されることになりました。

 一方、西洋料理では、フランス料理におけるフォン、ブイヨン、コンソメのように出汁でうま味を増す料理法もありますが、多くの場合、トマト(グルタミン酸を豊富に含む)やチーズと肉類の煮汁それ自体がうま味と認識されてきたため、日本のように「うま味」が独立して存在するという概念は育ちませんでした。

 しかし、近年、舌の味蕾にある感覚細胞にグルタミン酸受容体が発見されるに至って、「うま味」の存在が広く認められ、世界中で研究がすすめられるようになりました。
 現在では、世界的な日本食ブームの中、欧米を中心に世界中から、日本流の「うま味」の研究と料理修行のために来日する料理人が増えているそうです。その中には、ミシュランの三ツ星店シェフの姿も?

FC2 Blog Ranking

Category:

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

ヒッグス粒子がつくる宇宙 

銀河宇宙イメージ

 欧州合同原子核研究機関(CERN)(スイス・ジュネーブ)が、昨年の夏に発見された新粒子の再解析結果について、「ヒッグス粒子であることを強く示している」と正式発表し、万物に質量を与えるとされるヒッグス粒子(Higgs boson)の存在が確認された。

 宇宙の誕生と進化に大きくかかわっているというヒッグス粒子は、イギリスの物理学者ピーター・ウェア・ヒッグス(Peter Ware Higgs, 1929年~ )が、1964年にその存在を予言していたもの。物質の最小単位は素粒子と呼ばれるが、質量は最初からあったものではなく、ヒッグス粒子の働きによって生まれたという。
 
 宇宙が約137億年前のビッグバンで誕生したとき、全ての物質には質量がなく、真空中を何の障害もなく光速で自由に飛び回っていた。しかし、宇宙が冷えて真空の性質が変化すると、このヒッグス粒子が真空をびっしりと埋め尽くした。素粒子はこの“ヒッグス粒子の海”の中で動きが取れなくなり、質量をもつ粒子のようにふるまうようになったとされる。このヒッグス粒子が存在しなければ、現在のような宇宙は生まれなかったという。

 現在までの測結果によると、宇宙全体の物質エネルギーのうち、74%がダーク・エネルギー(暗黒エネルギー)、22%がダーク・マター(暗黒物質)で、実際に観測可能な物質は4%程度にすぎないことが分かってきた。ヒッグス粒子の発見で、残り96%の発見に繋がることが期待されている。

 ヒッグス粒子の発見は、物質や宇宙の成り立ちを理解するために役立つばかりでなく、宇宙の将来像を予測するうえでも、非常に重要な手がかりをもたらしてくれるだろう。

FC2 Blog Ranking

Category: 宇宙

Thread: 宇宙

Janre: ニュース

tb 0 : cm 0   

長谷川等伯『松林図屏風』への想い 

 今度の直木賞に選ばれた安部龍太郎氏は、受賞作『等伯』(日本経済新聞出版社)について、受賞当日の記者会見で、どうして長谷川等伯を主人公にしたのかという質問に対し、「等伯は私です」と答えたといいます。「等伯ほど波瀾万丈ではないが、私にも小説のために人生を捧げてきたという自負がある。いい絵を描きたいと画布の前で呻吟する等伯の姿は、原稿用紙に向かっている時の自分に通じるものがある。」との思いからだったそうです。

 物語は、33歳にして一流の絵師になるために郷里の能登七尾を離れ上洛した等伯が、狩野永徳との対立や家族の死など次々と襲いかかる悲劇を乗り越えて、苦難の末『松林図屏風』を描き上げる姿を描いたものです。

 阿部氏は、「今回思いがけなく受賞することができたのは、まさに長谷川等伯のお陰。『松林図屏風』をはじめとする等伯の作品群に向かい合っているうちに、この人を描くためには無心にならないと駄目だと思った。彼の苦難が自分の経験とも重なり、素直に感情移入することができた。」~そうして物語を書き進めるうちに、等伯に手を引かれるように知らず知らず一段高い所までたどりついていたと述べました。(ブック・アサヒ・コムから抜粋)

 等伯の大作『松林図屏風』は、初冬の冷たい大気に包まれた松林をモチーフに、美の極致を求めた味わい深い水墨画です。松は、墨の最も濃い部分から次第に薄いにじみとなって、霧が流れるように余白に漂い広がっていきます。中央部の上方には、かすかに白い雪山が描かれ、無限に広がる余白の遠景として奥行を描き出しており、“わび”の境地ともいえる閑静で奥深い水墨画の世界に、観るものを惹きこみます。

 長谷川等伯(天文8年(1539)~ 慶長15年(1610))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師で、狩野永徳、海北友松、雲谷等顔らと並び安土桃山時代を代表する画人です。この絵が描かれた桃山時代は、狩野派を頂点とする金箔面に彩色した「花鳥画」による金壁障壁画が主流で、等伯も金箔地の壁画や屏風絵の制作で、絵師としての地位を築きました。しかし一方で、等伯は、わび茶を極めた千利休の、自然にあるがままの簡素で素朴なわびの世界にも強く惹かれていました。
 彼は、以前から中国・南宋時代の画僧牧谿(もっけい)の水墨画に深く傾倒し、その高い芸術性を自分の作品の中に描き出そうと考えていました。牧谿の水墨画の特色は、濃厚な空気感と水墨による滲とみぼかしの手法に加え、柔らかな線での的確な対象表現にあり、中国でよりも日本において高い評価を得ていたといいます。

 『松林図屏風』は、この理想を強く意識して制作されたものです。等伯は、きらびやかな金箔屏風絵が仕事の中心だったにもかかわらず、自ら信じる美の極致を追求しつづけ、苦難の末、生涯の代表作となったこの作品を生み出しました。『松林図屏風』は、日本における近世水墨画の最高傑作といわれています。

『松林図屏風』
 六曲一双
 紙本墨画
 長谷川等伯筆
 各縦156.8 横356.0
 安土桃山時代
 16世紀
 国宝
 東京国立博物館所蔵

FC2 Blog Ranking

Category: 美術

Thread: art・芸術・美術

Janre: 学問・文化・芸術

tb 0 : cm 0   

藤田弘基写真集『蒸気機関車百景』の発刊を祝う! 

写真集・蒸気機関車百景
◆藤田弘基写真集『蒸気機関車百景』表紙カバー

 2012年9月21日、一人の山岳写真家がこの世を去った。藤田弘基氏、享年73歳であった。
 藤田弘基(ふじた・ひろき)氏は、1939年8月14日東京都新宿生まれ。子どものころから山にあこがれ、学生時代から八ヶ岳や南アルプスなどトレッキングをしながら、日本の山々の写真をカメラに収めていた。夢見ていたのは、全ヒマラヤの撮影。

 そんな1965年の冬、小海線の近くで八ヶ岳連峰にカメラを向けていたとき、汽笛を鳴らし針葉樹林の間からひょっこりとC56が姿を現した。その雄姿に思わずシャッターを切ったのが、藤田氏が蒸気機関車を撮り始めたきっかけである。山々を背景にした大自然とSLの雄姿が一体化した藤田氏の写真は、鉄道マニアの間で評判となり写真エージェントからの撮影依頼が頻繁に来るようになった。
 山岳写真家を目指す藤田氏にとっては戸惑いもあったに違いないが、トレッキングを兼ねてSL撮影で全国を旅することになった。折しも時はSLブーム。彼の大型カメラによる絵画のような美しいSL写真は、マニア対象の雑誌ばかりでなく、豪華写真集としても出版され大きな反響を呼んだ。

 今回の写真集は、藤田氏がSLブームでの渦中で忙殺されていた1970年から75年の間に撮影した膨大な蒸気機関車フィルムの中から、未発表を含め、特に印象深い写真100点をまとめたものだ。北は室蘭本線から南は日豊本線まで、全国42路線を網羅している。昭和40年代後半という年代物のフィルムはすっかり褪色していたが、最新のデジタル技術で躍動感あふれるSLの姿が見事に再現された。

 藤田氏は、その後1966年頃からは、長年の夢であったヒマラヤエリアに入り、本格的な山岳写真の撮影に没頭することになる。(藤田弘基氏業績の詳細については、当社ブログ2012年12月10日付の記事をご覧ください。)

 『蒸気機関車百景』は、企画から4年目に入った編集の途中で、思いもよらぬ藤田氏の入院という事態になったが、写真の選定や解説文の執筆をはじめ、入院中に行った色校正やページ構成、トリミングの指示などは、全て藤田氏自らが行ったという。
 遺作となってしまったこの写真集には、若き日々写真にかけた藤田氏の想いが、熱く伝わってくる。

 童話作家である奥様の茂市久美子さんは、本書献本のあいさつの中で、次のように述べている。

 ~藤田が喜ぶといえば、先日、天文ガイド編集長の方から「藤田さんの名前を新しい星につけてもいいですか」と、夢のような、とても嬉しいお話がありました。
 広い空のかなたで、藤田の名前のついた星が、またたいているなんて、想像しただけでわくわくします。これからますます、空を見上げることが多くなりそうです。~

 なお、奥付の発行日2月14日は、偶然にも藤田ご夫妻の結婚記念日だということが、後日わかったという。
 こころからご冥福をお祈りいたします。

(藤田弘基写真集『『蒸気機関車百景―昭和を駆け抜けた栄光のSL』』A4判・横長・本文136頁 本体価格3,800円 2013年 平凡社刊)

FC2 Blog Ranking

Category: 写真

Thread: カレンダー・写真集

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コンクラーベを見守る~ミケランジェロ『システィーナ礼拝堂天井画』 

システィーナ礼拝堂・ローマ
システィーナ礼拝堂

 ローマ法王を退位したベネディクト16世の後継を選ぶ「コンクラーベ」(法王選挙会)が12日から始まりました。12億人といわれるカトリック信者の頂点に立つ新たな指導者の選出に今、世界が注目しています。会場のシスティーナ礼拝堂は、カトリックの総本山ヴァチカン宮殿に教皇専用の祈りの場として造られた神聖な場所で、ミケランジェロの壮大な天井画と壁画『最後の審判』で知られています。

 1512年11月、ヴァチカン宮殿システィーナ礼拝堂に壮大な天井画が完成しました。時の教皇ユリウス2世の依頼を受け、ミケランジェロが4年の歳月をかけてほぼひとりで完成させたもの。その時、ミケランジェロはまだ37歳という若さでした。除幕式に集まった人々は、約1000㎡に及ぶ広大な天井を埋め尽くした天地創造の世界に驚愕し、人間業とは思えない荘厳な出来栄えに驚きとともに賞賛を惜しまなかったといいます。

 天井画の中心には、旧約聖書の「創世記」にある9つの場面を据え、その周りに12の預言者と巫女、キリストの先祖たちなどが描かれています。なかでも中心部にある「アダムの創造」の部分は、神が創造間もないアダムに生命を吹き込む劇的な場面を描いた傑作。その他、「原罪と楽園追放」や「大洪水」の場面は、「創世記」に記述されていないミケランジェロ独自の解釈が加えられているそうです。

 教皇ユリウス2世は、当初12使徒のみ描くことを考えていましたが、ミケランジェロはそのアイディアを退け、前述のような壮大な構想に取り組みました。ミケランジェロは、天井全面に数百体に及ぶ躍動感あふれる肉体を描き出すことによって、人間の内面や魂の叫びを独自の解釈で表現したのです。この大作は、イタリア・ルネサンスの金字塔といわれ、歴史的大成功を収めました。

[プロフィール]
 ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo Buonarroti、1475~1564)は、イタリア中部トスカナーナの村カプレーゼ生まれ。生後間もなく里子に出され、13歳でフィレンツェの画家ギルランダイオに師事。独立してメディチ家のロレンツォ豪華王の庇護のもと、大理石彫刻家として活躍する。その後、『システィーナ礼拝堂天井画』や『最後の審判』をはじめ、数々の壁画を制作し画家としても大成した。59歳でローマに移住し晩年を過ごし、1956年に88歳で没した。
 ミケランジェロは、レオナルド・ダ・ヴィンチとならび称されるルネサンスの巨匠であり、西洋美術史上のあらゆる分野に絶大な影響を与えた。

FC2 Blog Ranking

Category: 美術

Thread: art・芸術・美術

Janre: 学問・文化・芸術

tb 0 : cm 0   

桜のつぼみふくらむ~春の和歌 

2013.3.12神楽坂のさくら(蕾)

 ようやく春めいてきたと思ったら突然の夏日、全く油断のできない季節ですね。写真は、今日(3月12日)現在の東京・神楽坂界隈の桜のようすです。つぼみが少しばかりふくらんできたようです。今年の東京での開花は、例年どおり3月下旬とのこと。
 ようやく満開を迎えても、すぐにはかなく散ってしまう桜は、昔から日本人にはことのほか感慨深いものがあります。今回は、待ち遠しい花の季節を前に、春にちなんだ有名な和歌をいくつか挙げてみました。(「」内は現代語訳)

✿ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ  (紀友則)『古今和歌集』

 「日の光がやわらかくさしているうららかな春の日であるというのに、どうして桜の花は、そんなにもあわただしく散り急ぐのだろう。」


✿いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな  (伊勢大輔)『詞花集』

 「いにしえの昔の、奈良の都の八重桜が、今日は九重の宮中で、ひときわ美しく咲き誇っていることです。」


✿あをによし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり  (小野老朝臣)『万葉集』

 「奈良の都は、咲く花が色美しくはえるように、今や盛りをきわめている。」


✿世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし  (在原業平)『古今和歌集』 

 「世の中に桜というものが一切なかったら、春をのどかな心持ちで過ごせることだろうに」


✿去年の春 逢へりし君に 恋ひにてし 桜の花は 迎へけらしも  (若宮年魚麻呂)『万葉集』

 「去年の春にお会いしたあなたのことが恋しくて、桜の花が咲いて迎えているようですね。」

FC2 Blog Ranking

Category: 文学

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

血液型によってかかりやすい病気がある? 

 血液型によってかかりやすい病気があるのでしょうか?ハワイにある総合ビタミン剤会社の調査によると、次のように報告されています。

 A型 「痔」「糖尿」「腸の病気」「胃がん」など。
 B型 「心臓発作」「ヘルペス」「ウィルス感染」など。
 O型 「アレルギー」「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「脳卒中」など。
 AB型 「咽喉痛」「痔」など。

 今回は、最近発表された東京大学医科学研究所の研究チームによる十二指腸潰瘍におけるABO遺伝子の関与に関する研究や、関連する文献などから、血液型別かかりやすい病気の傾向について調べてみました。

 免疫学的にはO、B、A、AB型の順に免疫力が強いとされ、このABO型の区別は、病原体にも存在しています。病原体には血液はありませんが、特定の血液型を好む性質があり、それが人の病気の罹患率に影響するようです。

 例えば、日本人の4割近くを占めるA型では、胃がん、直腸がん、結腸がん、子宮がん、喉頭がんなど、がん全般が多い。日本にはA型を好み胃がんを誘発するピロリ菌が多いことから、A型には胃癌が多いとされます。また、A型がストレスを溜めやすい性格であることから、糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病も誘発しやすい。

 B型については、サルモネラ菌や病原性大腸菌などがB型を好む性質を持っているため、食中毒には要注意。また、肺炎の原因となる肺炎球菌にもB型の性質をもつものが多く、肺の病気にも注意が必要。特に結核については、B型は、O型と比較して10%も感染する確率が高いという結果も発表されています。その他、体内バランスが崩れると自己免疫疾患や珍しい感染症にかかりやすくなるので注意が必要です。

 O型については、ストレスを溜めにくい性格なので感染症に対する抵抗力が強く、最も長生きする可能性のある血液型とも。しかし、十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌がO型を好む性質を持っているため、O型は、A型に比べて1.43倍十二指腸潰瘍になりやすく、胃がんや大腸がんには強いが、十二指腸潰瘍に弱いという特徴も見られます。また、O型の性質を持つ数種類のサルモネラ菌や病原性大腸菌などの影響で、食中毒にかかりやすいという特徴もあります。

 AB型は、人類全体でも5%程度と少なく、血液型の中で1番免疫力が弱いとされます。AB型はA型とB型の耐性を持ち、免疫系は微生物による感染症に対してはより強い抗体を作ることができますが、アレルギー症にかかる確率は低く、関節炎や炎症、皮膚病などの自己免疫疾患にかかることも少ないようです。しかし、A、B、ABの要素を広く受け入れてしまうため、ある種の癌にかかりやすく、過度に耐性のある免疫系によって、かえって病原菌が体内に入りやすくなることが指摘されています。

 以上、血液型によってかかりやすい病気について見てきましたが、この分野は、まだまだ解明されていないことや謎も多くあります。今後とも広く科学的な検証が積み重ねられ、早期に予防医学の分野として確立されることを期待したいと思います。

 (参考資料:藤田紘一郎著『血液型の科学』(祥伝社)他)

FC2 Blog Ranking

Category: 健康

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

著作権料に課せられる戦時加算とは? 

 日本の著作権保護期間は、国内・海外作品を問わず著作者の死後50年と法律で定められているが、第二次世界大戦の戦勝国であるアメリカ、イギリス、フランスなどの楽曲、映画などの作品は、著作権の保護期間を10年延長するという国際ルールが、現在でもまかりとおっている。これは1951年のサンフランシスコ平和条約で敗戦国に課せられた義務で、連合国15か国の作品に適用される。

 敗戦国であるドイツやイタリア、日本では、戦時中、これら戦勝国の作品に対する著作権保護が、十分でなかったというのがその理由だが、かなり一方的な論理で、日本側からすれば、お互い様と主張することもできるはずだ。同じ敗戦国でもイタリアでは、1947年に連合国と締結したパリ平和条約で、戦時加算は双務的に行うとされ、ドイツについても、外交交渉の結果、実質的な戦時加算義務を負うことはなかった。日本だけが、現在でも一方的に戦時加算義務を課せられた格好になっている。このような状況は、国際的にも極めて異例といえる。

 その作品が戦時加算の対象かどうかは、著作者の国籍だけで単純に判断できず、作品ごとに確認する必要があるため、本来、明確にできるはずの著作権保護期間の算定を、この国際ルールが極めて困難なものにしている。
 JASRAC(日本音楽著作権協会)では、創作時期や第一発行地がどこか、国境をまたぐ著作権譲渡の有無など、作品の経歴が個々に異なることや、同一著作者の作品であっても、すでに著作権が消滅している作品と戦時加算により著作権が継続している作品が併存している場合もあり、利用にあたっては十分な確認が必要だと注意を促している。

 この戦時加算で支払う金額は、JASRAC扱いの音楽著作権料だけでも、昨年は1億6,000万円に上り、その7~8割がアメリカだという。小説や映画などを含めると数倍になると見られる。
 
 現在、JASRACなどでは、このルールの撤廃を求めて、阿部新政権に強く働きかけを行っているが、実際には、サンフランシスコ条約そのものの改正は難しく、対象となっている15か国に対して、個別に粘り強い外交交渉をつづけていくほかはないという。この問題の解決には、今後も長い時間が必要になるとみられる。著作権をめぐる戦いは、まだ終わっていない。

 (参考資料:2013年2月20日付朝日新聞記事及び日本音楽著作権協会ホームページ 他)

FC2 Blog Ranking

Category: 社会

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

おつきあいのQ&A~訪問先でのマナー編 

 上司や親しい方のご自宅を訪問する場合など、ちょっとしたことでも意外と判断に迷うことは多いものです。今回は、そんな誰も教えてくれない訪問先でのマナーについて考えます。

Q 訪問先の玄関で靴を脱ぐときのスマートな方法を教えてください。
A 前向きのまま玄関口を上がり、相手にお尻を向けず斜め後ろ向きにひざをついて靴を揃えます。もちろん、靴は脱いだときと逆向きにします。

Q お土産は、紙袋から出してから渡すべきですか、また、そのタイミングは?
A 部屋に通されて正式なあいさつをして直ぐに、紙袋から出して差し上げましょう。

Q お土産を渡すときに「つまらないものですが」と言った方がいいのでしょうか?
A 端的に言えば、これは古い習慣といえます。今は気持ちを素直に伝えることの方がかえって喜ばれるでしょう。

Q 訪問先でコートはいつ、どこで脱ぐのがいいのか、いつも迷ってしまいますが?
A 玄関に入る前が正式ですが、訪問先の相手の年齢やその場の状況に合わせて柔軟に対応しましょう。

Q 応接セットの上座の位置がわかりません。家によっても違うのでしょうか?
A 上座とは、その部屋で一番居心地のいい場所です。和室は床の間、洋室は暖炉の前が基本です。しかし、全ての家にあてはまるわけではありません。自分の立場や訪問の目的を考えて、上座と下座の意味をあらかじめ理解しておくことが大切です。

Q 出された料理の中に嫌いなものがある場合、失礼のない断り方を教えてください。
A 体の不調や体質を理由にするとよいでしょう。 “ほんとうは食べたい”という姿勢を見せることが、相手に不快感を与えない秘訣です。

Q 訪問先から戻ったら、「無事帰りました」と電話で報告すべきでしょうか?
A 相手に心配をかけている状況なら、電話でお礼とともに無事を報告しましょう。そうでない場合は、お礼状などを出しておくとよいでしょう。電話や礼状は、しなくてはならないと捉えるのではなく、“お世話になりました”という気持ちからすることが大切です。それが心あるおつき合いなのです。

FC2 Blog Ranking


Category: おつきあい

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

遠近法からキュビスムへ~絵画における立体表現 

 1420年頃、フィレンツェの建築家ブルネレスキは「並行して走る線は、遠くに置かれた1点に集まる」という遠近法の理論を提唱し、実際に作図実験を行いそのことを証明しました。つまり、人間の視点を固定すると、三次元の現実世界が二次元の絵画世界と同じように平面上に表現できるというもの。ここでいう1点の集結点は「消失点」と呼ばれ、絵の画面構成上、最も重要な部分に置かれます。

 ブルネレスキのこの理論は幾何学を根拠とした技法で、「線遠近法」又は「透視遠近法」と呼ばれ、ルネサンス期における画期的な大発明でした。画面に奥行と広がりを与えるこの立体技法は、以後の絵画芸術の進歩に多大な貢献をすることになりました。
 また、レオナル・ド・ダヴィンチの『モナ・リザ』などで使われている遠近法は、「空気遠近法」と呼ばれるもので、遠くの景色がぼやけて見える特徴を利用し、色彩の変化と色調の明暗で遠近を表現するものです。ダヴィンチは、モナ・リザの背景にある山岳風景に青色を用いて、空気の中に消えゆくように描き深い奥行感を与えています。

 ルネサンス以来、遠近法は西洋絵画の空間表現の主流をなしていましたが、19世紀末から20世紀初頭に登場したパブロ・ピカソによって、全く新しい展開をみることになります。ピカソは、多くの視点から見た物体の断片によって画面を構成するという全く新しい技法を生み出したのです。キュビスムの誕生です。この技法は、それまでの一つの固定した視点で定義された「遠近法」に対するアンチテーゼといえるもので、近代から現代へとつづく絵画の大改革へとつながりました。
 キュビストたちは、物体を幾何学的な面に分解し、多くの視点から見たイメージを同一画面上に結合することによって、さらなる立体感と量感を表現しようとしました。しかし、彼らは、従来の遠近法を捨て去ったわけではなく、絵画という二次元世界に、三次元世界の幻影を描くことをやめただけでした。

 ところで、“青の時代”から“ばら色の時代”へと大きな変貌を遂げたピカソは、1907年に『アヴィニョンの娘たち』を発表し人々を驚愕させました。この作品は、裸婦たちがピンクや黄褐色に彩られ、その肉体は、実際のプロポーションを無視して自由に繋ぎ合わされた抽象的な形で描かれており、ダイナミックな力強さに満ちています。
 ここに至って、ピカソは、ルネサンス以来の遠近法と陰影による立体技法と完全に決別することになりました。近代美術の始まりです。

FC2 Blog Ranking

Category: 美術

Thread: art・芸術・美術

Janre: 学問・文化・芸術

tb 0 : cm 0   

文章がうまくなりたい!(3)~言葉の選び方 

 言葉を選ぶことはなぜ難しいのでしょうか。文章を書くときは、いつも読む相手を想定して言葉を選ばなければ、書き手の真意を読者に伝えることができません。つまり、言葉は単なる伝達だけでなく、人間どうしの感情のやりとりが可能となって、初めて意味をもってくるからです。文章上達の秘訣は、言葉を選ぶ基本的な基準を知っておくことです。独自の表現を考えるときも、このような基本を踏まえておけばいっそう効果が増大します。
 今回は、言葉選びの基本を箇条書きにしてみました。

① 言葉の意味を正しく理解する。(意味)
② 正しい言葉の使い方をする。(用法)
③ 共通語を原則とする。
④ 難解な漢字や専門用語を避ける。
⑤ グループなど一部だけで通用する言葉は使わない。
⑥ 同音異義語に注意する。
⑦ 口に出してみて、文章の中で調子や響きのよい言葉を使う。
⑧ なるべく抽象的な言葉より具体的な言葉を使う。
⑨ 大げさな言葉の多用は避ける。
⑩ 外国語や外来語を多用しない。
⑪ 流行語を多用しない。
⑫ 印象の悪い汚い言葉は使わない。
⑬ 略しすぎた省略語を使わない。
⑭ 人を差別したりさげすむ言葉を使わない。
⑮ 非人道的な言葉を使わない。
⑯ ごまかしたり人を陥れるような言葉を使わない。

 どうしても禁止の項目が多くなってしまいますが、それだけ首をかしげる表現や言葉が多いというのも事実です。人に感動を与える文章表現をするには、まず、“言葉を選ぶ”ことから始めなければなりませんね。

FC2 Blog Ranking

Category: 日本語

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

落語『長屋の花見』の庶民感覚 

 今年ももうじき花見の季節がやってくる。多少とも景気回復の予兆があるようで、昨年より多くの人出が予想されるが、心がけ次第で、お金なんかなくても花見は楽しめるというお話。

 『長屋の花見』は、春をテーマにした古典落語の代表作。店賃も払えず、今日の飯にも困る貧乏長屋の住民たちが主人公。

 ある時、大家の奢りで「花見」を開こうということになった。酒も肴も用意したというので、みな喜び勇んで「花見だ花見だ」「夜逃げだ夜逃げだ」などといいながら花見に向かう。
 ところがこの酒も肴も本物ではない。お酒は番茶を水で割ったもの、かまぼこは大根の漬け物、卵焼きは沢庵、毛氈はむしろ敷きという“見立ての花見”だった。「かまぼこ」を薦められた住民は「ちかごろ歯が弱くなったから食べづらい」とこぼし、「卵焼き」を食べようとする住民は「尻尾じゃないところをくれ」などと愚図る。茶を飲みすぎて気分が悪くなり「井戸へ落ちたときのような気持ちだ」というものや、「湯呑の中に酒柱が立った」というものも出る始末。俳句を詠まないかというと「長屋中、歯を食いしばる花見かな」と詠むものもあらわれる。

 そのうち長屋の連中は勢いづいて、芸者や幇間をつれて騒いでいる花見客らと喧嘩をはじめる。この花見客たちが酒や肴を残して逃げたので、長屋の連中は、彼らが残した本物の酒やご馳走を手に入れ、みんなで本当の酒盛りを始めた。それを見た幇間が、逆襲とばかり角樽を振りかざしてどなり込むが、長屋の連中に逆に脅かされて怖気づき、
「実は、ちょっと踊らせてもらおうと思ってやって来ました。」
「じゃあ、その手の樽はなんだ!」と長屋の連中がいうと、幇間は、
「こ、これは…、酒のおかわりを持って来ました。」

 悪態をつきながらも、皆が自由奔放にそれぞれの楽しみ方をしているところが実におもしろい。花見の席で、大根の漬け物や沢庵で番茶を飲んでいる風情が、何とも江戸庶民のユーモアや洒落の精神に富んでいる。大家に騙されたと知りながら、前向きに花見を楽しもうとする長屋の人々の意地っ張りな負けじ魂に、貧乏も笑いで吹き飛ばす落語の真骨頂をみることができる。

 『長屋の花見』は、上方落語の『貧乏花見』を、明治30年代に2代目蝶花楼馬楽が改編して東京に移したとされている。

FC2 Blog Ranking



Category: 落語

Thread: 落語・演芸

Janre: お笑い

tb 0 : cm 0   

ルネサンスの天才画家~ラファエロの魅力 

 ラファエロ展が3月2日から東京・上野の国立西洋美術館で始まります。ラファエロ(Raffaello Sanzio.1483~1520)は、イタリア・ルネサンスを代表する画家で、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロとともに三巨匠と讃えられています。彼は、ダ・ヴィンチとミケランジェロに学び自らの芸術を大成させました。彼の作品は、偉大なる先輩二人へのオマージュとしてスタートし、ついにはその域に達したといえます。

 ラファエロは、1483年イタリア中東部のウルビーノに宮廷画家の息子として誕生しましたが、8歳で母親、11歳で父親を亡くしたといわれます。15歳頃になると、当時の人気作家ペルジーノに弟子入りして絵の勉強をしました。21歳になってフィレンツェへ移り住み、聖母子像を数多く描き一躍注目を集めました。『大公の聖母』はこの時期の作品の一つです。
 彼の名はローマにも届くこととなり、教皇ユリウス2世の絶大な賞賛と信任を得て、28歳のときには、ヴァチカン宮殿「署名の間」の壁画と天井画を完成させ、画家として不動の地位を築きました。このとき制作された壁画『アテネの学堂』は、ダ・ヴィンチの影響による完璧なまでの遠近法で描かれた大作で、中心にプラトンとアリストテレスを配し、ソクラテスやピタゴラスなど古代ギリシャの哲学者・科学者を一堂に会する、理想の集会の様子を描いたとされています。

 このように多くの人々に愛され尊敬されたラファエロでしたが、1520年、『キリストの変容』を制作中に熱病に冒され、わずか37歳にして帰らぬ人となりました。

 今回のラファエロ展は、フィレンツェ文化財・美術館特別監督局の全面的な協力により実現したもの。ラファエロ作品が極めて貴重なため、ヨーロッパ以外で大きな展覧会を開くことは困難とされていましたが、今回は、初めてヨーロッパ以外で開催される大規模なラファエロ展になるとのことです。
 特に、ラファエロの聖母子像の中でも傑作とされる『大公の聖母』は初来日で、その他、油彩や素描を合わせて約20作品が公開され、天才ラファエロの軌跡をたどる内容となっています。また、ラファエロの周辺で活動した画家たちや、彼の原画による版画、それを図案化した工芸品等に至るまで、合わせて約60点が展示されるということです。

 今回の展覧会は、天才画家ラファエロの芸術観に触れる貴重な機会を提供してくれることでしょう。

 国立西洋美術館(東京・上野公園)で、2013年3月2日(土)~6月2日(日)まで開催。

FC2 Blog Ranking


Category: 美術

Thread: art・芸術・美術

Janre: 学問・文化・芸術

tb 0 : cm 0