04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

漢字検定によく出る漢字の読み問題 

 以下の(  )の読みを答えてください。準1級レベルの問題です。まず、自分の実力を確認しましょう。

① 監督がメンバーを扱(  )く
② 委(  )しい説明を施す
③ 物を取り易(  )える
④ 子どもを拐(  )す
⑤ 感情を害(  )なう
⑥ 腕を揮(  )う
⑦ きつく詰(  )られた
⑧ みんな挙(  )って押しかける
⑨ 戦いの況(  )
⑩ 強(  )か膝を打った
⑪ 証拠を具(  )に調べる
⑫ 径(  )ちに行う
⑬ 世を警(  )める
⑭ 身を献(  )げる
⑮ 謙(  )った挨拶
⑯ 前例に効(  )う
⑰ 泣き号(  )ぶ
⑱ 心に困(  )しみのある
⑲ 私(  )かに交流する
⑳ 経営難を資(  )ける

いかがでしたか? やや特殊な読み方もありますが文脈からも考えてみてください。


■解答は以下の通り
しごく  ②くわしい  ③える  ④かどわかす  ⑤そこなう  ⑥ふるう  ⑦なじられた  ⑧こぞって  ⑨ありさま  ⑩したたか  ⑪つぶさに  ⑫ただちに  ⑬いましめる  ⑭ささげる  ⑮へりくだった  ⑯ならう  ⑰さけぶ  ⑱くるしみ  ⑲ひそかに  ⑳たすける


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

Category: 言葉

tb 0 : cm 0   

女性を表現する言葉 

 次にあげるのは、女性を表現するときに使われる言葉です。古い表現と言ってしまえばそれまでですが、知っているとちょっと尊敬されるかも知れません。
 次のことばの読みと意味を答えてみてください。

① 手弱女
② 閨秀
③ 糟糠の妻
④ 蠱惑的
⑤ 明眸皓歯
⑥ 婀娜っぽい
⑦ 小股が切れ上がる
⑧ 別嬪
⑨ 瓜実顔
⑩ 富士額

 現在では、「絶滅種」ともいえるほど使われなくなっている言葉や表現ですが、女性のそこはかとない美しさや妖しい魅力などを巧みに表現していますね。歴史の中に埋もれさせてしまうのは、ちょっと惜しい気もします。

[解答]
① 「たおやめ」しとやかな女性のこと。対して強くたくましい男性は益荒男「ますらお」という。
② 「けいしゅう」学問・芸術などに優れた女性のこと。「閨」は女性の寝室。「閨秀作家」などという。
③ 「そうこうのつま」苦労をともにしてきた妻のこと。糟(かす)と糠(ぬか)は粗末な食事のことで、貧乏な暮らしを意味する。
④ 「こわくてき」女性が魅力によって男を惑わすこと。たぶらかすとも。
⑤ 「めいぼうこうし」明るく澄んだ瞳と白い歯ということで、女性美を表す典型的な言葉。
⑥ 「あだっぽい」女性がなまめかしく色気があること。あでやかとも。
⑦ 「こまたがきれあがる」華奢で小粋な感じの女性を表す言葉。腰から下が長く立ち姿勢がすらりとして、粋なさま。
⑧ 「べっぴん」美女、美人のこと。
⑨ 「うりざねがお」色白で面長の顔で、美人顔の典型とされた。
⑩ 「ふじびたい」髪の生え際が富士山の形のように均整がとれている女性の額。

FC2 Blog Ranking

Category: 言葉

Thread: ブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

新しい「季節のことば36選」 

 日本気象協会では、現代の季節感にふさわしい新しい「季節のことば」を選定するため、あなたが感じる「季節のことば」と題して、2012年8月~12月に、広く一般の方から季節のことばを募集し、5000件を超える意見と1588件のことばに関する応募があったそうです。2013年3月、8人の選考委員を中心に選定が行われ、応募数の多いことばや、季節の先取り感をイメージできることばをメインとして「季節のことば36選」を決定し、4月25日に発表しました。選考に当たっては、ひと月あたり3つのことばを基準としましたが、7月だけ3つに絞り込むことができず4つになったため、全部で37個のことばが選ばれています。
 新しく選定された季節のことばをみると、豊かな四季に育まれた日本人の季節感が、時代を越えて引き継がれていることが感じられます。暦のことばを味わってみると、どこかなつかしい日本の風景が浮かんできますね。

◆季節のことば36選
1月 初詣、寒稽古、雪おろし
2月 節分、バレンタインデー、春一番
3月 ひな祭り、なごり雪、おぼろ月
4月 入学式、花吹雪、春眠
5月 風薫る、鯉のぼり、卯の花
6月 あじさい、梅雨、蛍舞う
7月 蝉しぐれ、ひまわり、入道雲、夏休み
8月 原爆忌(広島と長崎)、流れ星、朝顔
9月 いわし雲、虫の声、お月見
10月 紅葉前線、秋祭り、冬支度
11月 木枯らし1号、七五三、時雨
12月 冬将軍、クリスマス、除夜の鐘

◆季節のことば 選考委員会
委員長
•新田尚氏(元気象庁長官)
•安達功氏(時事通信編集局長)
•石井和子氏(元TBSアナウンサー,日本気象予報士会顧問)
•岡田芳朗氏(暦の会会長)
•梶原しげる氏(フリーアナウンサー,東京成徳大学応用心理学部客員教授)
•片山真人氏(国立天文台暦計算室長)
•長谷川櫂氏(東海大学文学部文芸創作学科特任教授,朝日俳壇選者)
•山口仲美氏(明治大学国際日本学部教授)

(参考資料:日本気象協会ホームページ、日本気象協会メセナ企画「季節のことば36選」を参考にさせていただきました。)

FC2 Blog Ranking

Category: 言葉

Thread: 季節の話題

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

漢検に出る四字熟語(準一級ランク)に挑戦してみよう! 

 以下の( )内に正しい漢字を一字入れて四字熟語を完成させましょう。また、その読みと意味を答えてください。

① 阿鼻(   )喚 
② 意気(   )昂
③ 安(   )蒲輪
④ 一望千(   )
⑤ 一(  )千金
⑥ 因循(   )息
⑦ 内(  )膏薬
⑧ 雲集(  )散
⑨ 運(  )天賦
⑩ 永劫(   )帰

[解答]
① 阿鼻喚・あびきょうかん~非常にむごたらしいさま。「阿鼻」は無間地獄の意味。現世で父母を殺すなどの罪を犯した極悪人が死後落ちて、猛火に焼かれ続ける。
② 意気昂・いきけんこう~意気込んで威勢のいいこと。「軒昂」は高く上がるさま。
③ 安蒲輪・あんしゃほりん~老人を敬い、いたわること。「安車」は老人用に乗り心地をよくした車。「蒲輪」は、がまの穂で車輪を包み乗り心地をよくしたもの。
④ 一望千・いちぼうせんけい~一目ですみずみまで見渡せる広々とした景色。「頃」は面積の単位で約182アール。
⑤ 一千金・いっこせんきん~事物の価値は時と場合によるというたとえ。「壺」はヒサゴの意味で、川で難破したときに、ヒサゴが浮き袋代わりになって命を救うという意。
⑥ 因循息・いんじゅんこそく~古い習慣にこだわって改めず、その場しのぎの手段をとること。
⑦ 内膏薬・うちまたこうやく~あちらについたり、こちらについたりする人をあざけっていう語。「膏薬」は練り薬。
⑧ 雲集散・うんしゅうむさん~たくさんのものが雲のように集まったり、霧のように散ったりすること。
⑨ 運天賦・うんぷてんぷ~人の運命は天命であること。「運否」は運不運、「天賦」は天からの授かりもの。
⑩ 永劫帰・えいごうかいき~人の生は同じ瞬間が永遠に繰り返すという、ニーチェ哲学の根本思想。

FC2 Blog Ranking

Category: 言葉

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0   

人生をもっと楽しく!~先人の名言から 

 今年最初の名言紹介のコーナーです。巳年は、蛇が冬眠から覚めて地上にはい出す姿を表しているところから、「起こる」「始まる」「定まる」といった意味や、蛇は脱皮をすることから「復活と再生」という意味もあるといわれています。新年にあたって、古今東西の先人の言葉に耳を傾け、あなた自身を見つめなおしてみましょう。

「おもしろきこともなき世をおもしろく」(高杉晋作『世に棲む日日』)

「大きなことを出来る人はたくさんいますが、小さなことをしようとする人はごくわずかしかいません」(マザー・テレサ『神様へのおくりもの』)

「人間はみんなが美しくて強い存在だとは限らないよ。生まれつき臆病な人もいる。弱い性格の人もいる。めそめそした心の持ち主もいる。けれどもね、そんな弱い、臆病な男が自分の弱さを背負いながら一生懸命美しく生きようとするのは立派だよ。」(遠藤周作)

「もし人間に、いい加減な反対を唱えて嬉しがる癖がなかったら、世間の物事は随分すらすら運ぶに違いない。周囲の者の『あいつに何が出来るものか』と繰り返す声が耳に入るばかりに、私たちは、したいと思うあれやこれやのことを、子どもの頃からどれだけ手を着けずに過ごしてきたことだろう。」(アンドレ・ジッド『田園交響曲』)

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一歩が道となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ。」(清沢哲夫『無常断章』)

「もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる。過ちを認めれば、周囲のものがこちらを見直すだけでなく、自分自身を見直すようになるからだ。」(デール・カーネギー)

「人生の目的とは何か、などと堅苦しく考える必要はない。楽しく生きて、この世を去る時に『生まれてきてよかった。幸福な人生だった』と振り返ることができたら、その人の人生は楽天主義者として過ごせた成功者だといえる。」(ヘレン・ケラー『楽天主義』)

「好きなものを手に入れることが肝心だ。さもないと手に入ったものを無理に好きにさせられる羽目になる。換気装置のないところでは新鮮な空気は不健全だと決めつけられる。宗教が存在しないところでは偽善が上品だということになる。知識のないところでは無知が科学を自称するようになる。」(バーナード・ショー『人生を切り拓く』)

FC2 Blog Ranking

Category: 言葉

Thread: 伝えたい事

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0