FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

株式会社 夢の友出版 公式ブログ

 

伝統のお祝い事いろいろ 

 人の一生のうちには、幾つかの伝統的なお祝い事があります。慣習として行事化したものは通過儀礼(英語でInitiation、rite of passage)とも呼ばれており、日本では、産湯や七五三、結婚の習俗、長寿の祝いなど数多くあります。これらのお祝いには、子どもの健やかな成長と長寿を願う人々の願いが込められています。現在でも、お宮参りや七五三で神社へお参りに行く人もたくさんいます。しかし、一般的にみると、これらお祝い事に対する人々の関心が薄れ、一部を除いて廃れつつあることも事実です。
 そこで、今回は、古来から伝わる日本の伝統的なお祝い事を少しばかり紹介してみることにしました。

[岩田(五月)帯] 妊娠5か月ごろの戌の日に、白木綿又は白綿ネルを7尺5寸3分(七五三に因む)に断ち、端に寿の字を書いて半分に折って半幅帯にし、折り目を下にして下腹に巻く祝いです。これは、腹壁の緊張を助け、胎児を保護し、その位置を安定させるもの。戌の日に巻くのは、犬は安産だとされていることにあやかったものです。
[お七夜] 生後7日目のお祝いで、この日に名前を付けることになっています。
[宮参り] 寺参り、産土(うぶすな)参りとも言います。男児は31日目、女児は33日目に行います。地方によっては、100日目にするところもあります。
[食初め] 生後120日目に初めて米食魚菜を食べさせる内祝いのこと。箸初め、箸揃い、真魚(まな)始めとも言います。
[初誕生] 生後初めての誕生日の内祝い。
[初節句] 生後初めての節句の祝いで、男児は5月5日の端午の節句、女児は3月3日のひな祭りに行います。
[七五三] 男児は3歳・5歳、女児は3歳・7歳のとき、11月15日に行う祝い。
[就学] 満6歳の小学校入学を祝います。
[成人] 満20歳に達した青年男女を一人前の社会人として送り出す祝い。
[還暦] 60年で干支が一巡してもとの暦に還ることからこう呼びます。本卦(ほんけ)返りとか華甲(華の字は十の字6つと一の字からなるので61、甲は甲子の甲)とも言います。
[古稀] 「人生七十古来稀なり」という杜甫のことばから、70歳の祝い。論語の「七十にして心の欲する所に従ひて矩(のり)を踰(こ)えず」から、従心とも言います。
[喜寿] 喜の字の草書は、七七に見えることから、77歳の祝い。喜の字の祝いとも言います。
[傘寿(さんじゅ)] 傘の字が八十と読めるから、80歳の祝い。
[米寿] 米の字が八と十と八からできているので、88歳の祝い。米(よね)の祝いとも言います。
[卒寿] 卒の字の略字は、九と十からできているので、90歳の祝い。
[白寿] 百の字から一を除くと白であることから、99歳の祝い。

 これ以外にもたくさんありますが、その意味を知ることによって、お祝いするこころを感じとることができるかも知れませんね。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Category: 伝統

Thread: 今日のブログ

Janre: ブログ

tb 0 : cm 0